*

バックハンドスライスの打ち方(動画)

公開日: : ショット別動画解説

シングルスの試合で何度か登場した、ストロークと違う切るようなショットのやり方を練習しましょう。

シングルスでは守備範囲が広くゲームも長いため、体力をとても消耗します。

ストロークでは全身の筋肉をフルに使うため消耗が激しいですが、万一コースが甘かったり浅いボールを打ってしまうと、
トップスピンで跳ねる分相手は高い打点から強打することができるので、ピンチを招きやすくなります。

そんなときに変化をつけ体勢を整えるショットがスライスです。

スライスのコツ

スライスはボレーのフォームとかなり近くなります。
ボレーは速いストロークをノーバウンドで近い位置で打つこともあり、テイクバックを小さく取ったと思いますが、
スライスでは逆回転をかけていきます。

面を上向きにし、上からインパクトする

切るようにのイメージが強いとインパクトの瞬間に面を傾けるように変えたり、その瞬間だけスピードをかけてしまいがちですが、
面が上を向いていればリラックスして自然に振り抜くと逆回転がかかるようになります。

力まず、テイクバックのときに作った面のまま振り抜いてください。

反動で左手が反対側に伸びる

インパクトの瞬間に体重をかけるように打つと、反動で自然と左手が反対側に伸びるようになるかと思います。
無理に左手を引く必要はありませんが、自然に最後に両手が開くような形で打てると力のこもったいいスライスが打てます。

バウンドしない球を目指す

これがスライスが守備的な球になるゆえんですが、逆回転して相手コートに着地すると、ボールが滑るようになり通常よりバウンドが小さくなります。
うまく回転がかかっていないと、ただバウンドが止まって伸びないチャンスボールになってしまうので、相手コートについたときに滑るかどうかを意識して回転をかけていってください。

関連記事

バックハンドストロークの打ち方(両手)

それでは、今回は利き手と逆側に来たボールに対処するバックハンドストロークを学んで行きましょう。

記事を読む

ボレーの打ち方(動画)

今回はネットに近い位置で使うショット、ボレーの練習をしていきましょう。 サーブ&ボレーといって

記事を読む

ライジングショットの打ち方(動画)

同じくグラウンドストロークでも、打つタイミングが異なる打ち方があります。 それがライジングショット

記事を読む

スマッシュの打ち方(動画)

テニスの中でもかなりパワフルで華やかなスマッシュの打ち方を学んで行きましょう。 スマッシュは、

記事を読む

フォアハンドストロークの打ち方①

テニスの基本であり、花形でもあるフォアハンドストロークの打ち方の基本を学んで行きましょう。 フ

記事を読む

スピンロブの打ち方(動画)

今回は相手の意表をついて頭上を越えるようなショット、スピンロブの打ち方を学んで行きましょう。

記事を読む

フォアハンドストロークの面の作り方

ふたたびフォアハンドストロークを学んで行きましょう。 今回はトッププロの面の作り方から学ぶ正し

記事を読む

フォアハンドストロークの打ち方③

今回は、フォアハンドストロークのフォロースルーについて動画で見て行きましょう。 打った後まで含めて

記事を読む

ショートラリー練習の活用法(動画)

今回は練習法の一部に着目して、そこで学ぶポイントを整理してみましょう。 ショートラリー(ショー

記事を読む

サーブの打ち方(動画)

ゲームの始まり、サーブの打ち方の練習をしていきましょう。 テニスでは、トッププロの試合でもサー

記事を読む

Message

2013US OPEN ジョコビッチVSワワリンカ

今日は2013年USオープン準決勝、ジョコビッチVSワワリンカの試合を

フェレールのストローク動画

ダビド・フェレールの練習中のストロークを中心とした動きを後ろから撮影し

ジョコビッチのサーブスロー動画

今回はトッププロのサーブのスロー動画を紹介します。 練習中の動画

サーブ&ボレーの決めパターン

ダブルスでのサーブ&ボレーからの決めパターンを学んで、サービスゲームを

正しいポーチに出るタイミング

前回に引き続きダブルスの戦術です。 ポーチ、と呼ばれるセンターに

→もっと見る

PAGE TOP ↑