*

フォアハンドストロークの面の作り方

ふたたびフォアハンドストロークを学んで行きましょう。

今回はトッププロの面の作り方から学ぶ正しい面の使い方です。

ボールの上側を打て、やスイングの軌道で回転をかけるといったときに、どういう理由で回転がかかるのか疑問に思ったことはないでしょうか?

フォアハンドストロークの打ち方②でもインパクトのときはまっすぐ当てると言いましたが、今回スローモーションでトッププロのストロークを見てみましょう。

トッププロのスピンの掛け方

英語の動画ですが、内容は解説しますので動きと合わせながらみてみてください。

面の上をこするって本当?

回転がかかるには、ボールの上から斜めにあたるようにスイングしないと回転しないのではないか、というのが簡単な物理法則を学んだかたなら思うことでしょう。
これが実際にトッププロの動画を見ると、角度で回転をかけているという要素はわずかであることがわかります。

インパクト後も面はそのまま振り上げる

トッププロのスローモーションで、面はかすかに下を向いているだけで、面の向きもそのまま変わらないことがわかります。
フォロースルーはあくまで自然に、と言いましたが、自然にで回転がかかるのはインパクトのときにボールがガットに食い込むようになることで、スイングのフォロースルー方向に向かって回転がかかるからです。

なので、こするではなく「くっつけて回す」というほうが実体に近いかもしれません。

こすってしまうとカシュっという弱々しいショットになってしまい、ボールに重さが加わりません。

捉えて振り上げるイメージで、強くてスピンのかかった球を打てるようにしましょう。

関連記事

フォアハンドストロークの打ち方③

今回は、フォアハンドストロークのフォロースルーについて動画で見て行きましょう。 打った後まで含めて

記事を読む

ショートラリー練習の活用法(動画)

今回は練習法の一部に着目して、そこで学ぶポイントを整理してみましょう。 ショートラリー(ショー

記事を読む

サーブ&ボレーの打ち方(動画)

今回はダブルスの試合で多用されていたサーブを打ったあとそのまま前に詰めて行うボレーの練習です。

記事を読む

ライジングショットの打ち方(動画)

同じくグラウンドストロークでも、打つタイミングが異なる打ち方があります。 それがライジングショット

記事を読む

バックハンドスライスの打ち方(動画)

シングルスの試合で何度か登場した、ストロークと違う切るようなショットのやり方を練習しましょう。

記事を読む

ジョコビッチのサーブスロー動画

今回はトッププロのサーブのスロー動画を紹介します。 練習中の動画なのでブレも少なく、フォームの

記事を読む

スピンロブの打ち方(動画)

今回は相手の意表をついて頭上を越えるようなショット、スピンロブの打ち方を学んで行きましょう。

記事を読む

スマッシュの打ち方(動画)

テニスの中でもかなりパワフルで華やかなスマッシュの打ち方を学んで行きましょう。 スマッシュは、

記事を読む

バックハンドストロークの打ち方(両手)

それでは、今回は利き手と逆側に来たボールに対処するバックハンドストロークを学んで行きましょう。

記事を読む

サーブの打ち方(動画)

ゲームの始まり、サーブの打ち方の練習をしていきましょう。 テニスでは、トッププロの試合でもサー

記事を読む

Message

2013US OPEN ジョコビッチVSワワリンカ

今日は2013年USオープン準決勝、ジョコビッチVSワワリンカの試合を

フェレールのストローク動画

ダビド・フェレールの練習中のストロークを中心とした動きを後ろから撮影し

ジョコビッチのサーブスロー動画

今回はトッププロのサーブのスロー動画を紹介します。 練習中の動画

サーブ&ボレーの決めパターン

ダブルスでのサーブ&ボレーからの決めパターンを学んで、サービスゲームを

正しいポーチに出るタイミング

前回に引き続きダブルスの戦術です。 ポーチ、と呼ばれるセンターに

→もっと見る

PAGE TOP ↑