*

フォアハンドストロークの打ち方②

前回に引き続き、フォアハンドストロークの練習をしていきましょう。
今回はボールを打つ瞬間のインパクトについての解説です。

前回のテイクバックに関する解説を見ていない方は、こちらも確認してみてください。

フォアハンドのインパクトのコツ

インパクトの瞬間は、ボールの威力やコースを最終的に決めるとても大切な瞬間ですが、ボールや面の動きに意識を向けすぎないことも大切です。
テイクバックやフォロースルーの形を意識したときに自然につなぐような形でインパクトできるのが理想です。

インパクトのタイミングのコツを3点挙げてみます。

身体の軸をぶらさず、横振りのイメージを持つ

テイクバックの際につくった軸をずらすことなく、コマの中心のようにその場に固定してください。
そしてその軸を中心に回転するようなイメージで、ラケットを自然に横振りするようにします。

スピンをかけるためのイメージとして、よく下から上へ振り上げる、というものを説明されることも多いかと思います。
ですが、下から上へ振り上げる感覚が強いとテイクバックの際にせっかくつくった軸がぶれてしまい、安定しない球を打ちがちになってしまいます。
軸を意識してコマのように回ることを意識してください。

遠くを通して振り抜く

インパクトの瞬間にリラックスして打つ事ができると、遠心力で自然とラケットは遠くを通るようになるでしょう。
この感覚を生かし、できるだけ身体から遠くでインパクトできるよう、大きめの円を描きましょう。

こうすることで遠心力を活用できるので、力まずに力強いショットを打つ事ができます。

打点を身体の前方にする

打点を前にすると、横振りに近くとも自然とスピンのかかる球が打てるようになります。
また、前方にしながらインパクトの瞬間までしっかりボールを見つめることで、身体が開いたりといったことも防ぐことができます。

身体を閉じた状態で打つと腰のひねりの力が加わるので、ボールに重みが出るようになります。

インパクトをしても、その後のフォロースルーの仕方でショットの質は大きく変わります。
次のフォロースルーもしっかりマスターしましょう。

関連記事

ライジングショットの打ち方(動画)

同じくグラウンドストロークでも、打つタイミングが異なる打ち方があります。 それがライジングショット

記事を読む

ジョコビッチのサーブスロー動画

今回はトッププロのサーブのスロー動画を紹介します。 練習中の動画なのでブレも少なく、フォームの

記事を読む

バックハンドストロークの打ち方(両手)

それでは、今回は利き手と逆側に来たボールに対処するバックハンドストロークを学んで行きましょう。

記事を読む

ショートラリー練習の活用法(動画)

今回は練習法の一部に着目して、そこで学ぶポイントを整理してみましょう。 ショートラリー(ショー

記事を読む

フォアハンドストロークの打ち方①

テニスの基本であり、花形でもあるフォアハンドストロークの打ち方の基本を学んで行きましょう。 フ

記事を読む

サーブの打ち方(動画)

ゲームの始まり、サーブの打ち方の練習をしていきましょう。 テニスでは、トッププロの試合でもサー

記事を読む

バックハンドスライスの打ち方(動画)

シングルスの試合で何度か登場した、ストロークと違う切るようなショットのやり方を練習しましょう。

記事を読む

フォアハンドストロークの面の作り方

ふたたびフォアハンドストロークを学んで行きましょう。 今回はトッププロの面の作り方から学ぶ正し

記事を読む

スピンロブの打ち方(動画)

今回は相手の意表をついて頭上を越えるようなショット、スピンロブの打ち方を学んで行きましょう。

記事を読む

スマッシュの打ち方(動画)

テニスの中でもかなりパワフルで華やかなスマッシュの打ち方を学んで行きましょう。 スマッシュは、

記事を読む

Message

2013US OPEN ジョコビッチVSワワリンカ

今日は2013年USオープン準決勝、ジョコビッチVSワワリンカの試合を

フェレールのストローク動画

ダビド・フェレールの練習中のストロークを中心とした動きを後ろから撮影し

ジョコビッチのサーブスロー動画

今回はトッププロのサーブのスロー動画を紹介します。 練習中の動画

サーブ&ボレーの決めパターン

ダブルスでのサーブ&ボレーからの決めパターンを学んで、サービスゲームを

正しいポーチに出るタイミング

前回に引き続きダブルスの戦術です。 ポーチ、と呼ばれるセンターに

→もっと見る

PAGE TOP ↑